せどらーさんに話しかけられた。

先日の単行本セールで、いつものBOにてシコシコと仕入れをしていたときの話。

ときどき見かけるお兄さんに「何のツールを使っているのですか?」と話しかけられました。

セール時のせどらーは殺伐としていて、俺の領域を荒らすな!といわんばかりの態度をとる人も少なくないと聞きますが、私の住む地方都市ではそんなことはありません。

お互い、自然に共存共栄を図っているのです。そのせどらーさんとは5分ほど話し込み、お住まいやせどり歴、使っているツールや教材などいろいろ情報交換できました。

せどりって孤独な作業になりがちなので、こういう同業者との情報交換って新鮮でとても嬉しかったです。

 

で、先日もセールブースターを使ったセールの予習のために訪れた店舗で別のお兄さんに声をかけられました。

私がセールブースターを使って予習している様子を見て、「ここの棚はさっき調べたのであまり無いかも知れないから、あちらの棚のほうがいいですよ」と。

予習なので、商品がヒットしても買うつもりはなく、頑張ってスキャンしている割に手ぶらな私を哀れんでくれたのかもしれません。

優しいお兄さんは明日のセールにもこの店舗に朝一番で来るとのことでしたので、私がセールブースターの力で風神のごとく本を購入してしまってはなんだか悪いなと思い、

共存共栄のために私はこの店舗の朝一番はそのお兄さんに譲り、

近隣店舗で予習をしなおしました。まあ、セールブースターのおかげでその別店舗でもがっつり仕入れることが出来たのは言うまでもないのですが。

このようにお互いを気遣いながら気持ちよくせどりが出来ると最高ですよね。

地域ごとに状況は違うのかもしれませんが、せどらー同士や店員さんへの気遣いなど、これからも気持ちよくせどりをするためにとても大切なことだと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ