せどりデビュー①。面食らう。

いよいよ11月17日。約2週間の学習期間を経てブックオフでの仕入れデビューです。

17日のデビュー向けて、平日仕事帰りにブックオフに立ち寄り、1冊売却、2冊購入を繰り返し、ポイントを貯めて1dayサンクスパスをゲット済み!(ブックオフのポイントの仕組みついては後日説明します。)

数日前に店舗に電話したところ、いきなり週末セールとのことでした。105円以外の単行本が半額です。

さあいよいよ出陣。
「これからパパは狩に行って来る」と、息子と愛する妻に伝えると、心配する彼らを背に車で10分ほどのブックオフK店に向かいます。
そして開店時間の5分前には到着したのでした。

すでに5人のせどらーと思われるライバルが並んでいます。パチンコ屋の開店前に並んでいる層と変わらないです。
私の住んでいるところは地方都市ですので、せどりやってる人なんているのかよ、なんて思ってましたが、普通にいました。

これはまさに戦場。場違いなところに来てしまったのではないかと焦りました。

いよいよ10時。開店です。5人のせどらーは殺気立ち、目的の棚の前に猛ダッシュ。

私も乗り遅れまいと棚に向かって小走りしてみたものの、緊張と日々の運動不足で足がもつれて転んでしまうという大失態!

1人は前日に予習していたようで、経営・ビジネス書をスキャンすることなくすごい勢いで、まさに貪るようにカゴの中に本を放り込んでいきます。5分ほどで2カゴ分です。

夫婦もいます。4,5歳の愚図る子供を脇で遊ばせて、旦那がスキャン、嫁が結果を検証しているようです。こんな共同作業の形もあるんだなと感心しきり。彼らもあっというまに1カゴ。

金髪のにーちゃんもいました。専業せどらーなのかな。なにやら怖そうです。

w( ̄Д ̄;)w ・・・・・・・・・。。。。。

彼らの間に割って入ってバーコードをかざす勇気が出ない。
はじめて目の当たりにしたせどらーの激しさに絶句です。平凡なサラリーマンの私にこの乞食のような行為ができるのか。

知識もツールも身につけてのデビュー戦はしばらく彼らの後ろで、4万円のバーコードを握り締めて立ち尽くすのみでした。

その②につづく

↓↓共感していただけたら、ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ