せどりの自己発送の効率化2

自己発送で面倒な作業といえば、封筒への宛名貼り。
セラーセントラルから納品書を印刷して、上部を切り取り、お客さんの住所部分を封筒に貼り付けるという作業。
地味にめんどくさいです。

この作業を一瞬で解決できる方法です。
ラベルシールに印刷すればいいのです。しかし、1人のお客さんのためにラベルシールを使うのも勿体無いし、印刷箇所を替えながら何回も利用するのも面倒だし、と思っていたところに良いマシーンを発見!
ブラザーのQL-700という感熱式のラベルプリンターです。
正規品は2万円近くしますが、平行輸入品なら楽天やアマゾンでも10000円程で買えます。
私は平行輸入品を買いました。

ちなみに平行輸入品でも、説明書は英語&スペイン語ですが、問題なく使えます。説明書も読む必要が無いくらい簡単です。
電源とUSBケーブルをPCにつなげば自動でソフトが立ち上がり、すぐに使えます。

 

 

 

 

 

こんな感じです。ラベルの幅を自分で調節して、住所をコピペするだけ。
感熱式なのでインク代も掛からないし、1秒でラベルシールの出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

ラベルシールは2本付いてますが、切れたらアマゾンで1000円ほどで売ってます。
納品書をカッティングして封筒に貼り付けていたことを考えると、かなりの時間短縮です。
これも買ってよかった!って思ってます。もちろん、バーコードも印刷できるので、FBA用のラベルも簡単に作れます。
オススメです!

↓共感していただけたらぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

サブコンテンツ

このページの先頭へ