システムせどり研究所の出品サービスを使ってみた。

3月よりシステムせどり研究所の出品代行サービスを利用しています。
料金は送料込み1冊120円。買ってきた本を段ボール箱に詰めて、佐川急便の着払いで大阪の研究所に発送します。
送料込みなので、辞書とか分厚い本でも躊躇無く仕入れることが出来るのは嬉しいですね。

ちなみに佐川急便以外は自己負担です。佐川急便が嫌いな人も佐川を使わなくてはいけません。
私は佐川は嫌いです^^;
ノルマに追われて人格破綻気味な変なドライバーが多い気が・・・っと失礼。

コメントはある程度は定型文ですが、付属品の有無までコメントしてくれます。
そして、出品作業をしたあとFBAの倉庫に発送してくれます。
自宅~研究所~FBAで出品まで約10日。10日って結構長いですよね。商品の相場が仕入れ時点から数百円は動いていてもおかしくないです。

別にFBA手数料も掛かるので、このサービスを使うことによって、自己発送と比較して平均200円くらい利益が減ります。

・・・この金額をどう考えるか。

私は今回はじめてFBAを利用してみた感想は、売れ行きは自己発送とあまり変わらない。って思いました。

これまではイチカさんの出品・発送代行サービスを使ってました。イチカさんのサービス概要はこちら

イチカさんは格安で、自宅~仙台の倉庫での出品作業~出品完了まで4,5日とスピーディです。
イチカさんの仙台の倉庫からお客さんに発送しますので、扱いとしては自己発送です。
しかし、出品コメントはほぼ定型文で味気が無く、発送は平日のみですので毎日発送のFBAに比べると販売機会を逸している可能性が高いといえます。

とはいえ、FBAだからといって売れ行きに違いが明確に分かる感じではありませんでした。

いずれにしても出品・発送代行サービスの費用は結構馬鹿になりません。自己発送の利益の1/3くらいは食われます。

ということで、やはり原点に返って自己発送をメインにしようかなと思案中です。
自宅に在庫を保管して、自分で梱包して、自分で発送するのです。

面倒ですが、そのほうが手元に本がいっぱいで楽しいし、目利き力は高まるし。
その分、いかに効率よく自己発送するかを極めて行こうかな。と。

↓共感していただけたらぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

サブコンテンツ

このページの先頭へ