せどりの前日予習!セールブースターがすごい!

ちょっと本業が忙しく、更新がとまってました。でもせどりは元気にやってます。

さて、先日言いましたように、3月よりせどり風神を開発した「システムせどり研究所」の出品代行サービス&価格雷神を申し込みました。
申し込みにあたって、2ヶ月間、本来は月9800円のセールブースターが実質無料で使えるキャンペーンを行っていたので、今月より使っています。

セールブースターというのは「システムせどり研究所」が開発した全てのスキャン結果を記録できる機能です。
なので、ライバルの多いセール前日に全頭検査しておけば、あらかじめ各棚の儲かる本だけを把握することが出来るのです。

ということで、先日10日の単行本半額セールの前日に近所のブックオフに行き、さっそく試してみました。
初めての前日予習です。

到着したのは夜の9時。閉店まであと3時間。
そこには驚きの光景が。見覚えのある顔が数名。すでに予習しているではないですか!?
ライバル心に火がつきます。
しかし、彼らは携帯&目利き族。全てをチェックしているわけではありません。
一方、私は直近のシールの色(緑)の商品を重点的にビームチェックしていきました。
やっぱり携帯手打ち族と比べて圧倒的にスピードが違います。

やはり3週間ぶりのセール前日。
金融専門書やFX関連など1冊あたり1000円以上の利益がでる本がザクザクあります。もし、明日の朝にこれらを全部取れればすごいことになるなとすぐに感じました。

私はそれまでは予習なんて一切せずに、開店と同時にスキャンしていたわけですが、その横で予習組みに圧倒的なスピードでどんどん抜かれていた本は、こういう1000円以上の利益の出るようなお宝本だったんだなと思い知りました。

そして、約3時間かけて棚を一通りスキャンして深夜0時に帰宅しました。

で、帰宅後はパソコン作業です。せどり風神のホームページにログインしてスキャンした全ての本を確認します。
そして、エクセルにダウンロードして利益本のリストを作ります。
棚番号、本の位置、利益額、本タイトル、ランクなどを記載したリストをつくり、プリントアウトします。
この紙を見て、すべての本を朝一で抜ければ、見込み利益6万円!

ちなみに3月のブックオフは2013年版の赤本や状態のいいが大量に出てました。季節を感じますね。
受験後なので多少は値崩れするでしょうが、1000円以上の利益の出そうな首都大、千葉大、日大など国公立・有名私大の赤本だけでも10冊以上ゲットできそうです。

セールブースターを使った予習の凄さを思い知りました。
セールブースターが無ければ、本当に儲かる数冊くらいしか覚えてられないですからね。
とりあえず、利益が出る本一覧として200冊ほどのリストを作成して、寝坊しないように1時には就寝です。

さあ、この努力が実るか否かは、まずは開店と同時に入店することです。
ライバルがたくさんいることが予想されますが、ドキドキしながら寝るのでした。

つづく。

↓共感していただけたらぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

サブコンテンツ

このページの先頭へ