アマゾン輸出?双方向せどりでしょ!

平日の早朝は電脳せどりを頑張る宣言をしたわけですが、この数日、いろいろリサーチを重ねた結果、双方向せどりをやってみようかと考えております。
せどりの基本は安く買って高く売る。
言ってしまえば、別にブックオフで仕入れなくても安ければいいわけですし、
アマゾン以外にも高く・楽に売れる販売先があればそれでもいいわけです。
今のところ、販売先はアマゾンが最強だと思ってますけど。
ヤフオク、イーベイなどのオークションは手間を考えると、出品は限定したいですしね。

国内外のアマゾン、ヤフオク、楽天などで人気商品の価格差があればせどりが出来るわけなので、商品や仕入れ先と販売先を柔軟にチェンジしながら鞘を抜けないかな。と。

日本の方が安くて海外が高ければ輸出。その逆なら輸入。
まさにせどり界のロングショート戦略。

国内仕入れなら価格comや楽天でさらに安く仕入れる、海外仕入れならアマゾンより海外オンラインショップで仕入れるなど。
輸出、輸入にとらわれず、安く買って高く売るを忠実に行えば可能性がかなり広がるような気がしてます。
それを気付かせてくれたのが、このTAKEWARIってサイト。
ASINは世界共通なので、TAKEWARIを使ってアマゾン間で価格差の大きいものを見つけて、
そこから別ルートでの仕入れ先を探すって感じで。うまく転売できそうな気がしてます。

一時期BUYMAを使って輸入販売してたので、転送会社の使い方や海外ショッピングには抵抗はないですし。
ヨーロッパにも信頼できる転送会社を持ちたいといまリサーチ中です。

とにかく土日のセールはブックオフでリアルせどり、早朝は電脳で双方向せどり。
この両輪を軌道に乗せることが当面の目標ですね。

軌道に乗れば、副業でも月30万はいくと踏んでます。

がんばるぞぉ~

サブコンテンツ

このページの先頭へ