せどりのジャンル研究4 女性

女性のジャンルは主に料理と美容に分かれます。
わたしは女性のジャンルは好きです。
本自体も奇麗なものが多いし、値段の割に薄くて軽くて扱いやすいからです。、

まずは料理です。よく売れるのは、栗原はるみ(あたらし目のものに限る)や「目的を絞った料理本」ですね。つまり、高血圧のための料理法、とか、アスリートのためのレシピとか。
  

目的のある料理本はまさに「ターゲットは狭いほど値崩れしないの法則」の法則ですね。

女性本は状態が良いものが多く、「非常に良い」で出品できるのもいいですね。

次に美容です。美容というのは化粧関連やダイエットですね。
美容にはCDやDVDが付いているものが多く、欠品に注意します。
せどりを初めて初めて知ったのが「ゆる体操」というもの。
ゆる関連の本は「高岡英夫」という人が提唱者らしいのですが、
この人の本はよく見かける割に高値が付いていたりするので要注意です。
この3ヶ月で何冊か売りました。
 

よく売れる本を示してみましたが、とはいってもビームせどりにあまり目利きは必要ないんですけどね。数をこなしていると一回売った本には敏感に反応してしまうものです。
そうやって自然に目利きが出来るようになってくるんだろうなと感じてます。

女性の棚は薄い本が多いので、冊数でいえば一つの棚に小説の3倍以上はあります。
そのためスキャン数が膨らみがちです。
全頭検査していたら結構時間がかかるので、私の場合は最新のシールの色だけを優先して行って効率よく、スキャンあたりのヒット数を確保しています。

参考にしてみてくださいね。

↓共感していただけたらぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

サブコンテンツ

このページの先頭へ