せどりのジャンル研究③ 学習参考書 年度版対策

過去問や資格関連の参考書は年度ごとに発刊されています。
ふつう受験生ならば最新版を手に入れたいと思うはずですが、費用を抑えたい人や遡って学習したいという人もいるので、過去のものも売れます。
特に赤本はそうですね。
肌感覚ですが、赤本は有名大学に限りますが、3年くらい前2009年版とかでも売れます。
一方で、聞いたこともないFランク大学の赤本は1年前のものでも売れにくいので注意しましょう。

資格参考書だと、ファイナンシャルプランナーや証券アナリストなど金融業界の資格は、
制度やルールの変更が激しいのかもしれません。よく見かける割に、過年度版はぜんぜんヒットしない印象です。

行政書士は数年前のものでもヒットしますし、コンスタントに売れます。
用語集や勉強法など過去問・問題集以外のジャンルも充実しているからかもしれません。

一方で、危険物取扱や整備士、電気関連の工業系資格や女性向けの○○事務系、○○セラピー系、○○コーディネータ系など民間資格は年度ごとに試験内容がそんな変わらないようで発行年度はあまり関係なさそうです。
また、とにかく安く買いたい受験者がたくさんいるように思います。

■参考書、過去問は試験日後は価格が急落する傾向にあります。
仕入れの際は試験日を考慮したうえで仕入れましょう。

以下にamashowでの宅建問題集の価格推移を載せました。宅建の試験は年1回で10月にあります。

10月をピークに短期間で2000円ほど下落しています。
宅建の試験が10月にあるということを知らずにピーク時に仕入れてしまった場合は赤字になりかねないということですね。

以下は主要資格の受験日程一覧です。ブックオフでよく見かける資格には○をつけてます。参考にしてくださいね。

⇒リンク元で詳細を確認してね。

受験や資格は試験日の後は価格が下落する傾向があることを覚えておきましょう!

↓↓共感していただけたら、ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ