せどりの価格改定ツール「アプレックJ-2」レビュー

今日は価格改定ツールについてレビューしてみます。
私の使用している「せどり風神」とバーコードリーダーがあれば、セールの日などちょっと頑張れば、たとえ初心者でも100冊以上の本を仕入れることができると思います。
持って帰った本は、値崩れしないうちにすぐにアマゾンに出品するわけですが、すぐに売れるようにするには常に最安値付近で出品していないといけません。
マーケットプレイスでの販売価格は刻一刻と変化していますので、出品数が50品くらいを超えれば、手動で最安値付近を維持し続けることはかなりの手間です。
そこで自動で価格改定をしてくれるツールは必須となります。

私はアプレックの「J-2」というツールを使い始めました。2週間は無料お試し期間、その後は500冊までなら月500円です。
高額な買切りのツールよりJ-2のように月払いのほうがすぐに止めることもできるし、とりあえずお試しする上で都合がよかったのですた。
J-2は独自のアルゴリズムで商品の状態を考慮して最良の価格設定をしてくれるとのこと。
商品の状態を考慮してくれるというのは良いですね。
「非常に良い」の商品を「可」の最安値と同じに値付けされてしまうと、あっという間に売れるでしょうが、本来取れる利益を放棄してしまったも同然です。
なので、同一コンディション内での最安付近で値付けしてくれる機能は大切です。

ダウンロードしたら、アマゾンでAWSアクセスキーID、秘密キー、出品者ID、マーケットプレイスIDをJ-2に入力する必要がありますので、あらかじめアマゾンで取得しておきましょう。
⇒アマゾンマーケットプレイスウェブサービス(Amazon MWS)での取得方法はこちら。

操作方法は簡単で使い心地は悪くないです。1日3回まで、指定した時間に500冊の場合30分程度で、パソコンさえ立ち上げておけば自動的に価格改定してくれます。(HPには1時間に2万冊の高速改定と書いていますが、実際はもっと時間がかかります。)

ツール画面はこんな感じ

 

また、商品コメント欄の末尾に以下の記号を入れることで細かい設定が出来ます。しかし私は特にいじることも無くデフォルトで使用しています。
・ (全角) 改定しない。
* (半角) コンディションを無視して最安値。
~ (半角) 「中古品-可」以外のコンディションを考慮し最安値。
+ (半角) コンディションを無視して最安値。ただし-1円しない。
, (半角) 同一コンディションが無い場合改定しない。

不満な点は、700円、1300円、1350円とライバルが3人いる商品に出品する場合。商品の状態が全部「良い」だと仮定します。
私としてはランキングが高ければ、1300円で出品してほしいのですが、このツールはたいてい700円のほうで出品してしまいます。
相場を崩しているライバルに追随して、さらに相場を崩すということは避けたいのですが、このツールは良かれと思ってやっているのか、馬鹿なのか、どんな状況でも同一コンディション内の最安を狙いに行ってしまいます。仕方ないのかな・・・

まあ、それ以外は大きな不満はありません。ただ、タイミングを見て、ほかの価格改定ツールも使ってみたいと思っています。
2013年2月下旬~3月には、せどり風神の兄弟ツール「価格雷神」という価格改定ツールが一般リリースされるみたいなので、これは是非使ってみたいですね。

せどり風神と価格雷神の組み合わせならきっと最強に決まってますからね!

↓↓共感していただけたら、ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ