せどりでアマゾンの評価を高める具体的方法

アマゾンには販売者の評価をする仕組みがあります。
ヤフオクを使ったことがある人はわかるかもしれませんが、ヤフオクって相手を評価してようやく取引終了ですが、アマゾンの場合は商品を受け取ったら取引終了と考えている人がとても多いです。
ヤフオクの場合は相互評価ですが、アマゾンは顧客が販売者を評価する一方通行だから、わざわざ評価するインセンティブが弱いのかもしれないですね。
なので、普通にしていたらまず評価なんてしてもらえません。

しかし、購入時に最低価格近辺に商品がひしめき合っている現状において、どの販売者の商品が選ばれるか考えてみたとき、お客さんに訴求する手段は3つ。
1.状態と値段
2.コメントと発送方法
3.評価

1は当然ですね。
2はコメントの記載方法次第で売れ方が変わってきます。発送方法もFBAが有利との見方がありますが、FBAでなくとも丁寧梱包と土日も含めた毎日発送を唄えばかなり訴求力はあると思っています。
これらはかなり奥が深いので別に書こうと思います。

で、3も大切です。同じ価格、状態の商品、コメント、発送方法も似たようなものなら評価が高いに越したことはありません。ほとんど取引実績がない新規や過去にトラブルを起こして悪い評価が付いているような販売者からの購入は普通なら避けたいものです。高額本ならなおさらです。

そこで、初心者はまず評価100を目指しましょう。評価100を集めるには、1000冊以上の取引実績、かつそのうえで評価をしてもらえるように努力しなくてはいけません。

ちなみに私は2か月で評価100を超えました。どのように4~5の良い評価を最速で得ることができたか説明していきます。ちなみにアマゾンでは5段階評価のうち4~5が「高い」、3以下「普通」~「低い」は悪い扱いになってしまいます。なんとしてでも4~5を貰わなくてはいけません。

では、私が2ヶ月で評価100を取得した方法をシェアしますね。
この方法は自己発送をしている初心者の頃だからこそできた方法でもあります。

普通に商品を送って評価されるのを待っていてもまず評価してもらえません。なので、お客さんには丁寧なリクエストメールを送りましょう。アマゾンには評価リクエストを目的にメールを送れるようになっています。
メールするタイミングは発送後5~10日後の週末がベストでしょう。週末はゆっくりメールを見たり返信する場合が多いですからね。

このメールではとにかく丁寧にお願いする必要があります。
私が使っている文面はこんな感じです。参考程度で丸パクリはご遠慮願います^^;;

で、このメールを送る際の重要なポイントは、
品物の状態に自信のある相手にしかメールしないということです。
たとえば参考書などで書き込みがあるために「可」として販売した場合、お客さんも了承済みで購入したと考えられますが、届いた商品の状態が想像していたものと異なる可能性が高いのです。
そこに評価リクエストをしてしまうのと、3以下を付けられる可能性が高まるわけです。まあ、なんというか、寝た子を起こすなってことですね。

なので、良い~非常に良いで出品した瑕疵のない商品を購入したお客さんに限ってメールで評価リクエストをするのです。それも丁寧にお願いのお伺いのメールで。
そうすることで、3以下を付けられるリスクを極限まで下げることができます。

今は業者に出品・発送代行を依頼しているので本の状態をほとんど覚えていないのですが、自己発送のときは商品の状態はよく覚えてますから、まだ自己発送をしている初心者ほど有効な方法です。

そうすることで販売数に対して15%程度の評価を得ることができました。
とにかく、評価100を得るまでは薄利でも数をこなして、評価をどんどん積み上げましょう。
このノウハウは結構使えますので是非取り入れてみてくださいね。

↓↓共感していただけたら、ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ