PPCアフィリエイトは複数のアカウントで運用すべし!

こんにちは、円山です。

ブログの更新は滞りがちですが、最近は
PPCアフィリエイトを中心にトライ&エラーを繰り返しています。

 

アカウントの複数運用のメリット

今日は、PPCアフィリエイトは複数のアカウントで運用すべし!というお話。

PPCをやっている多くの人はヤフープロモーション広告のアカウントって一つしか持っていない場合が多いと思います。

各アカウントの資金管理も面倒になりますからね。

しかしメインとサブという位置づけで、2つ以上のアカウントを持っていたほうがいいです。

 

インプレッションシェア

まず1点目、インプレッションシェア。

インプレッションシェアとは広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数(インプレッション数)の割合のことです。
プロモーション広告の管理画面からそれぞれの広告のインプレッションシェア

sya

 

下は私の管理画面のこの1か月ほどの管理画面なのですが、全体のインプレッションシェアは40%程度です。

本来は入札しているキーワードが100回検索されても、40回しか私の広告は表示されていないということです。

ということは、アカウントを複製して2つ持って広告出稿すれば二つ合わせて80%までインプレッションシェアを高めることができるということですね。

メインアカウントで売れる案件が見つかれば、サブアカウントのほうで複製すれば、より売り上げを拡大できます。

自分の広告が売れるキーワードで上位を独占しているのは気持ちいいですよ。

 

↓こういうイメージ。

ros

 

赤枠は自分の広告。(あくまでイメージ、ロスミンローヤルは関係ないです。)

 

出稿停止時のために分散

2点目は、広告を止められてもリスク分散できる。

例えば、情報商材とか出稿していると、出稿してすぐに審査落ちする場合と
2週間~1か月程度は表示され続けていたのに、急に配信が止まる場合があります。

恐らく機械的なチェックの後の目視チェックのタイミング次第なのかもしれませんが、
2つ以上のアカウントで運用しておけば、1つが止まっても、残りが生きていれば販売機会を逃すことはありません。

まあ、禁止事項を繰り返すとアカウント剥奪の可能性もありますが、そこは自己責任ってことで。

ちなみに、情報商材はPPCアフィリエイト出来ないと言っている人が多いですが、
普通に商材名で検索すれば、大量のPPC広告が出てきますよね。
出稿しては自動的にしばらく表示されて、その後、数週間くらい表示されたのち目視チェックで停止を食らうと言った感じのいたちごっこなんだと思います。

やはりグレーなところほど儲かりますので、いたちごっこになるのは仕方ないですね。
  
記事下バナー01
  
副業レベルを遥かに超えた最新の稼げる案件はメルマガで教えてます!
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ