ブログ運営でグーグルの評価を高め、検索順位を上げる方法

ミドルレンジキーワード~ロングレンジキーワードを主体とした
トレンドブログの運営に欠かせない大きなポイントの一つとして
「どうやってgoogleに評価され、検索上位に表示させるか」
ということがあります。

あ、もちろん、トレンドブログに限らず、当ブログのような
個人の趣味の副業ブログにも当てはまります。

さて、ではなぜ検索上位でなくてはいけないのか。

当然のことながら、
検索上位じゃないとアクセスを呼べないからですよね。

先日、アメリカのサイトで面白いリサーチを見つけました。

本文リンクはこちら

このリサーチによると、
検索順位ごとのクリック率が示されています。

 




1位に表示されているサイトのクリック率は35%
2位は12.5%、3位は9.5%・・・
で1ページ目の一番下に位置する10位になると2.2%です。

つまり、せいぜい5位以内に入らないとほとんどアクセスを呼び込めない
ということが数値として確認できるわけです。

googleに評価されるために

この結果から、トレンドブログ運営者が気を付けるべきことは
googleからの評価を高め、記事の検索順位を上げることですね。

評価を高めるためには以下のことが重要だとよく言われます。

1.コンテンツがオリジナルで質が高い
2.サイトの滞在時間が長い
3.高い質の被リンク数が多い。

特にこの中でも1を意識すれば、結果として
2~3もカバーされるわけです。

2については、ブログ内に人気記事ランキングや
関連記事を表示させたり、内部リンクを張ったり
すれば尚良いです。

3については業者に依頼して不自然なリンクを張ると
逆にペナルティの対象になりますのでそういうサービスは
止めたほうがいいです。

あくまで自然に増えるように心掛けましょう。
すぐにできるテクニックとしては、
はてぶなどのソーシャルブックマークへの登録や
Naverまとめやyahoo知恵袋などに自作自演で
自分のサイトを紹介するなどの方法もあります。

いずれにしても、小手先の対応ではなく、
上記の1にあたる、コンテンツがオリジナルで質が高い
という一点に集中するのがgoogleの評価を高めるための
一番の近道のように思えます。

リサーチとタイトル付けの重要性

オリジナルで質が高いコンテンツを一心不乱に
作成してもいいのですが、
出来れば効率よくピンポイントで検索の上位に
持っていきたいところです。

そこで大切なのが記事のタイトル付けです。

先日記事にしたキーワードのずらし方でも
説明したのですが、同じ記事の内容でも
タイトルの付け方次第で、アクセス数が異なります。
ビッグキーワードだけのタイトルだと
いわば地価の高くて人通りの多い銀座4丁目交差点に
店を開いて勝負するようなもの。




私のような弱小ブロガーは赤羽の中でもさらにディープな
OK横丁で勝負したほうが結果として勝てるのです。

銀座で埋もれるよりも、赤羽で一番店になったほうが
結果として儲かるわけです。



ブログ運営に当てはめると、ビックキーワードではなく、
なるべく核となるワードにスモールワードを組み合わせて、
色々な検索ワードを拾えるようなタイトルにしましょう、
ということです。

文字数は検索画面に表示される30文字前後が理想です。
文字数に余裕があるときは思わず読んでみたくなる
キャッチーな表現も入れるとよいでしょう。
ただし、キャッチ―な表現はあくまで文字数に
余裕のある時だけでOKです。

以上の観点から、
今回、この記事のタイトルを
「ブログ運営でグーグルの評価を高め、検索順位を上げる方法」
にしました。

「ブログ グーグル 評価 高める 順位 上げる 方法」
などのワードでのアクセスを拾えるように、無駄なく
タイトルに盛り込んだ感じです。

一つ一つの記事を投稿する際、
こういったちょっとした心がけで
記事数が増えていったときにアクセス数が
大きく変わってくるものと思います。

 

良ければメルマガにも登録しておいておくださいね。
ブログにかけない情報はメルマガで発信してます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ