The Million Writingというおすすめ教材

最近、コピーライティングを真面目に勉強しているのですが、
そのきっかけにもなった、素晴らしい教材を紹介します。
(別に押し売りではありません)

ネットビジネスをやるうえで
避けられないのは文字を書くことですよね。

とはいえ小説のような流暢な文章ではなく、
必要なのは、伝えたいことを的確に伝えるための
コミュニケーションとしての文章力です。

ただ取り留めもなく書くブログと、
コピーライティングを意識して書くブログでは
伝わり方が全然違ってくるわけです。

というわけで、
最近コピーライティングのとっかかりに最高な教材に
出会いましたので紹介します。

あの人気教材ネットビジネス大百科を凌ぐ
「The Million Writing」という教材

インフォ業界のコピーライティング教材といえば、
ネットビジネス大百科ですよね。
特に木坂さんがコピーライティングについての
基本を解説する第2章が大人気だったわけです。

今回紹介する「The Million Writing」という教材は
大百科と比べても圧倒的に充実した内容でありながら、3,980円。。

3,890円とは思えないほどの濃密にコピーライティングについての
基本が抑えられています。

こんな良質な教材を有名アフィリエイターがあまり紹介していない
理由は簡単です。

アフィリエイト報酬が安いのです。

元が3,980円なのですから仕方ないのですが、
アフィリエイト報酬が2,000円弱では、
真面目に特典を付けて売ってやろうという気が起きないのでしょう。
本来なら、こういう教材こそおすすめすべきだと思うのですが。。

この2~3週間ほど10冊以上のコピーライティングや
行動心理学関連の名著と呼ばれる本たちを読んできましたが、
ほぼこの教材の中で網羅されています。

一般書籍並みの値段な上に費用対効果が抜群なので、
ミリオンライティングがインフォ業界のコピー教材の
新定番になると確信しました。

ちなみに音声教材だったネットビジネス大百科とは異なり、
これは硬派な文字がびっしりのPDF教材です。

最近は、「これからの時代はYOUTUBE!」ということで
動画や音声で伝える手法が全盛なわけですが、
やっぱりぶには自分のペースでスピードに緩慢を付けて学べる、
文字が一番だと思うんですよ。
そもそも本来は、コピーの教材は文字で説明するべきなんだと思いました。

この教材は優秀なコピーライターが書いているだけあって読みやすいですし、
グイグイ先を読みたくなるんです。

(そもそもコピーライティングの教材が読みにくかったり、
言っている意味が分からないというのは、
その教材の信ぴょう性が全くないということですよね。)

この教材の作者の宇崎さんは、
きっと文章の構成やネタを出してくる順序、
言葉のリズムまで計算され尽くしているのだと思います。

久しぶりにいい教材に出会えたので紹介しました。

2013年発売された教材なのでもう1年前のものなんですが、
もっと早く出会っていたかった教材です。

良ければ以下のセールスレターだけでも見てみてください。
他のセールスレターとの比べて異質性と
コピーライターとしての圧倒的な実力をを感じると思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ