ゴールデンウィークですね。

ゴールデンウィークはサラリーマン副業の私にはとても貴重な時間です。

今年は妻の親が我が家に来て子守りや掃除などしてくれているために、
私はだいぶ好き勝手に自由に行動させてもらっています。

我が家は私も妻も実家が遠いのでそれぞれの親には年1~2回にか会えないのです。

普段は子育てにおいて頼れる実家が近い人が羨ましい限りですので、こういうときは
思いっきり甘えさせていただこうかと思います(笑)

昨日はルノアールに行ってたっぷりと読書できました。
新幹線通勤をしなくなり、ゆっくり読書をする時間を確保できていませんでしたので、
とても良かったです。

で、何を読んでいたのかというと、これ↓


 

「マスタースクリプト」という関口智弘さんのコピーライティングについての本です。
3月に5万円で購入したものの、まだじっくり読めていませんでした。

コピーライティングはオファーの一部であることを前提として具体的なテクニックや
原理原則が盛りだくさん。2冊合計で800ページの大作です。

私もアフィリエイターの端くれとしてとても参考になりました。

このブログはカスタマーコーン理論で言うところの「アクセス」、
セールスプロセスでいうところの「オープン」に位置づけられるわけですが、

こうやってブログを通じて情報発信をしているのも、ブログなどをきっかけに私の副業やライフスタイル、
考え方に共感してくれる人にメルマガ読者になってもらったり、
メールでのやり取りなどを通じて私を知ってもらい、
最終的には私から商品を買ってもらい、
継続的にお付き合いできればと思っているわけです。

で、マスタースクリプトを読みながら思ったのは「オープン」の状態で情報を出し惜しみをしている場合ではないなということ。
情報というのはノウハウやハウトゥーについてもそうですし、普段考えていることなども含まれます。
特に私のような企業組織に属する会社員は日ごろからどうしても本音よりも建前のほうが強くなりがちで、文章に引き付けるような面白みがありません。

マスタースクリプトでは手帳やノートなどにズバズバと本音を書くことがセールスにおける文章力をアップさせるライティングトレーニングになると述べています。
なるほど。。

オープンの段階やセールスレターの段階などターゲットを最適化していく過程で出し惜しみなく本音の情報を提供しておくことで、望ましい属性の良い人とつながりやすくなりますし、
逆に望ましくない人を遠ざけることが出来ます。

こういう原理原則や情弱層に響くパワーワードについてまでいろいろなTipsがてんこ盛り。
面白くてすごい勉強した気分になりました。
学んだことはすぐに実践しなくてはだめです。

というわけで、ブログやメルマガの更新頻度をもう少し上げていきたいと思ったのでした。

 

それにしてもルノアールは居心地が良い

それにしても、喫茶室ルノアールはすばらしい。
世間的には怪しげな小汚い喫茶店なのかもしれませんが、
私は断然ルノアールが落ち着きます。


 

おっさんのいびきやスポーツ新聞をクシャクシャに畳む音すら心地よい空間です。
アイスコーヒー1杯で何時間居座っても、おかわりをどうぞってエンドレスにお茶を持ってきてくれるのは
ずっと残ってほしいサービスですね。

是非、私のメルマガへの登録もしてみてください。
より具体的な本音やノウハウをお伝えしてます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ